ページタイトル:相賀神社のスギ 当サイトのシンボル

画像:相賀神社のスギ 名称 相賀神社のスギ (あいがじんじゃのすぎ)
名称の典拠 なし
樹種 スギ
樹高 40m(注1)
目通り幹囲 5.0m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀(
注2)
 〃 3次メッシュコード 5136−11−28
 〃 緯度・経度 北緯34度06分39.6秒
           東経136度13分23.6秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2014年3月17日

注1)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による
注2)2005年10月11日、2つの町が合併して紀北町誕生。旧行政区は北牟婁郡海山町(みやまちょう)





 旧海山町中心部、国道42号のすぐ東に相賀神社が鎮座する。と言っても、神社の裏山が削られ、その切り通しの部分を国道が通っているため、車窓からは神社の存在に気づきにくいかも知れない。
 境内に立つスギでは、社殿の左右に立つ2本のスギが大きい。
 向かって右は樹肌がやや白く、神々しい感じがしなくもないが、左図に示すもう1本の方がやや大きいように思われた。
 神木とされているスギである。
ボタン:三重県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る